呼吸器学会で上京しました

On 2013/4/20 土曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

転勤して三週間経ちました。

「手抜き」のやり方がわかってきて日々の生活にリズムが出てきました。

会う人会う人に痩せたと言われるのですが家内に話したら「いい気になっているんじゃないよ」と言われました。実際には痩せているのです。疲れとかストレスとかでなくただ単に夕食のカロリーが今までに比較して格段に減っているだけなのです。

呼吸器学会

第53回呼吸器学会学術講演会に参加のために上京しています。

学会自体は金曜日から行われています。ぼくの仕事は日曜日のシンポジウム「急性肺損傷・肺循環障害の分子病態」への参加です。

新幹線を降りて会場の東京国際フォーラムに向かいました。地下道だけを通って到達することができるのですね。

KITTEって何だと考えていたらこれは「切手」に由来しているのですよね。日本郵便のビルですし。

カメラロール-3253

16:00からの「公開講演会」に参加しました。

カメラロール-3255

あの桑平 一郎先生の「低酸素環境をいかに生き抜くか―鳥や恐竜、K2登山隊、潜水哺乳類に学ぶ」

長崎大学の石松 惇先生の「海と陸地の狭間に住む魚たち―有明海の干潟に住むトビハゼとムツゴロウを中心に」を聴きました。

石松先生のトビハゼの生態の話しには年甲斐もなく感動してしまいました。

桑平先生方の出版された「呼吸のトリビア -レスピ・サピエンス-」という本があるのですが,学会会場の書籍販売所で売り上げ一位を獲得していました。

「トリビア2」も販売開始されていましたがamazonではまだですね。

カメラロール-3262

某打ち合わせのために帝国ホテルを訪ねたのですが結婚披露宴などですごい人でした。某打ち合わせは何とか成功裏に終わり良かったです。この会でも「痩せた」と言っていただきました。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License