米国東海岸の大雪

On 2010/2/11 木曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

”建国記念の日”ということで休日でした。結局一日中雨でした。
こんな中途半端な休みがあっても結局丸一日休日とは行かないわけです。
それでも当直でも無く朝から登院して仕事をさっさと片付ければ自由な時間となって10時くらいから初めて結構はかどりました。普段音楽を聴きながら仕事をするときはヘッドフォンを使うのですが今日は研究室にぼくひとりだったのでspeakerからの大音量で音楽を流していました。毎回思うのでうが週に一回平日にこういう日があれば年間にいくつ論文がかけるか自分でもわからなくいくら位にはかどるでしょうね…

wikiで知ったのですが米国のCIAのページでは、日本は立憲君主制であり”Independence”は”660 B.C. (traditional date of the founding of the nation by Emperor JIMMU; first recognized by Emperor Meiji in 1873)”となっているのですね。

今年は皇紀2670年ということになります。

米国の東海岸は洒落にならんくらいの大雪になっているようです。
NYTには雪のNew Yorkの写真の投稿欄までできています。人ごとだと綺麗ですね。
以前ぼくがBaltimoreにいた時も大雪になったことがありました。Johns Hopkins Universityも何日かcloseとなりました。結構あっけなく大学を含めた学校や病院がcloseになり研究室にも皆が来なくなるのにはびっくりしました。細胞が心配で地下鉄ーターミナルがJohs Hopkins University Hospitalですーの駅まで自動車で行き研究室に出てみるとぼくだけでした。今年の冬はそれよりすごいのだそうですがどれくらいの積もっているのでしょうか想像できません。もう10年前の出来事です。
PDRM0896.JPG

Baltimoreのアパートの前

写真集ついでにこれも結構綺麗です。

こんな本が出ているようです。

Statistics at the Bench: A Step-by-Step Handbook for Biologists

ちょっと値段が高いので迷っています。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License