Gregg Semenza博士:ノーベル賞!!

On 2019/10/7 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

Gregg Semenza博士:ノーベル賞!!

Johns Hopkins UnivのGregg Semenza博士を含む3人の研究者に今年のノーベル生理医学賞が授与されることが決まりました。

感慨深いです。 同慶の至りです。

Kaelin氏の研究室出身者にも数多くの日本人研究者(近藤さん、Andy、英二郎)がいるのでおめでとう。

2016 Albert Lasker Basic Medical Research AwardをGregg L. Semenza博士が受賞しました」に言いたい事は書きました。

この前来日の際の記事にも「Semenza博士の講演会を関西医科大学で開催しました」も合わせて読んでください。

こんなに身近な人が、しかもぼくも関わった研究でノーベル賞に届いたという事でぼくの基礎研究者としての人生は報われた感じがあります。

ここまでで一番しんどかったのは京大での8年間でした。

不整脈は出るしホントに死ぬかと思いました。

そう考えるとSemenza氏の研究室での2年半は天国でした。16時には家に帰って土曜日・日曜日も行かなかったけどいろんな研究成果が出ました。

今回の受賞理由もほとんどがこの時期に世界中で行われていた研究結果で学問分野の黎明期にどっぷりつかることができてこれも幸せでした。 そこから20年皆さんがこの分野を盛り上げてくれました。

とにかくよかった。 何かぼくも無敵感出てきました。


PDF
Tagged with:  

Semenza博士の講演会を関西医科大学で開催しました

癌学会をきっかけに来日しているJohns Hopkins UniversitySemenza博士の講演会を木曜日(2019/9/26)に関西医科大学で開催しました。

金曜日には、癌学会の名誉会員に推戴されたとのことです。

 

関西医科大学での講演のタイトルは

Advice for a young scientist

彼の研究成果の講演を聴いたことのある人は結構たくさんいると思いますがタイトル”Advice for a young scientist”で講演を聞いたことのある人は少ないと思います。

他の施設でのセミナーとか講演と「差」を付けようと思ってこんなタイトルでお願いしました。

関西医科大学での講演に合わせて構成されたオリジナルバージョンで講演をしていただきました。

最初頼んだ時は「えっ」て感じの反応のmailが返ってきて別のタイトルを提示されたのですが、結局フタを開けてみたらAdvice for a young scientistそのまんまの講演を40分くらいにわたって熱弁してくれました。

まとめて聞いたのはぼくも初めてでしたが、彼が常々語っていたことと大きな違いはありませんでした。

時々こんな感じの昔話とかエピソードを教訓として語ることはぼくが彼のラボにいた時もありました。

このような講演をするのは彼にとってももちろん異例で本人もそれを認めていましたが、後で彼に「リクエストされたらなんぼでも話すよ」と言われました。If you ask for help, you will get it.

 

講演は彼がHIF-1のcloningに至った過程について実体験のエピソードを交えて

  1. Search and research
  2. A good mentor (or 2 or 3) matters
  3. Have a plan
  4. Embrace serendipity
  5. If you ask for help, you will get it
  6. If you don’t ask for help, you won’t get it
  7. Examine primary data from “failed” experiments
  8. Technical courage and collaboration
  9. What is science ?
  10. The best job in the world

IMG 4009

このようなlessonsが挿入されていく感じで進行していきました。

Serendipity, Generosity, and Inspiration の内容をなぞる感じのものだったのですが、そもそもこのessayを拡張して話して欲しいとぼくがお願いしていていましたのでリクエストに応えてくれたのだと思います。

ぼくが彼のラボに在籍中の仕事もいくつか紹介してもらってあの当時の事を思い出しました。

一方、最近の彼の研究テーマであるがん、免疫関連のトピックスは全く出てきませんでした。癌学会とか京大のセミナーではそれが主題だったと思います。

医科大学の大学院生への講演として最高のものだったと思いました。

 

IMG 4020

 

What is science? では

Science is truth

Science is beauty

Science is sacred

とまで言い切っていました。

IMG 4007

最後は You are where I once was I am where you will someday be

というメッセージで締めくくられてました。 まさに文字通り”Advice for a young scientist”

関西医科大学の大学院には外国からの留学生も結構の数いるのですが今回は大満足だったようです。普段のセミナーとか講義は日本語なので彼ら彼女らにとっては内容がくみ取りにくい訳です。

 

講演の後、Semenza研にかつて在籍したメンバーとその縁の人で食事会をしました。 研究の一線からは退いて臨床をされている人とは研究関連で袖すり合う機会もなくてほんと久々の再開というかんじでした。ぼくにとっては同時期にSemenza研に在籍していた福田亮先生との再会がうれしかったですというかこれが主目的でした。

IMG 4018

彼に会うときはいつも緊張します。必ずちゃんと研究をしているのか、臨床をし過ぎていないのかと聞かれます。今回も聞かれました。

 

末松先生の話題が出ました。

その時にGreggに指摘されたのですがぼくと彼が初めてしゃべったのは慶應大学の生化学教室の教授がまだ石村先生の時代に、坂口さんという慶應大学ご出身の事業家が50億円くらいを慶應大学に寄付されてその関連で行われた国際学会でした。

末松先生はまだ助教授で会を実質的に運営されていました。

すごく気前のよい学会で何から何まで(交通費、滞在費、食費まで)会の負担の会でした。歌舞伎鑑賞もついていました。

慶應大学の三田キャンパスのカフェテリアで Greggと一緒に食事をしたのですがその時食べた「そば」の事まで覚えておられました。あの会は、ぼくの研究だけでなく人生の文字通りの分岐点になった出来事でした。

あの会に出なかったらSemenza labに加入する事はなく今みたいな研究生活を送ってもいなかったと思います。でももっとお金持ちになっていたと思います。

末松先生もGreggと結構長いお付き合いだと思います。Greggが数年前来日した折り、関空に予定通りに到着できずに成田に降りるはめになり末松先生に迎えにいっていただき東京でのホテル、翌日の新幹線もアレンジしていただいた事を思い出しました。東京駅から新幹線に乗せたよとご連絡をいただきました。

考えたらぼくもすごい事してしまったなと。

現在は彼のラボは、日本人のポスドクはいないとの事ですがそもそもアプリケーションがないとのこと。

 

ところでGLSさんのMacBook ProはUSB-Cじゃありませんでした。GLSさんの研究室にはMacSE/30が飾ってあります。初めてのRO1 grantを獲得したときに使っていたMacなのだそうです。 結構物持ちがいいのです。

 

永年の宿願だったので、やり残した事を一つ成し遂げることができて大満足の一日でした。


PDF
Tagged with:  

Gregg Semenza氏のセミナーのお知らせです

Gregg Semenza氏のセミナーのお知らせです

令和元年9月26日(木)

関西医科大学 第二講義室 18:00〜

大学院講座第788講として行われます。

100人は入れます。

学外からの聴講も、大歓迎です。

多分他所では聴けない内容になるかもです。

 

生命科学者のためのDr.Bonoデータ解析実践道場

DBCLSの坊農秀雅さんの「生命科学者のためのDr.Bonoデータ解析実践道場」が上梓されました。

御恵投いただきぱっと眼を通した段階での書評(のようなもの)を書いてみます。

2017年の9月に出版された「Dr.Bonoの生命科学データ解析」#drbonobon の続編ですが前作が教科書的な役割が担われていたのに対して今回の実践道場本 #drbonodojo は実践に重きが置かれています。本人も言うように「写経」できる本です。 

amazonのページには序文が掲載されています。引用してみましょう。

2001 年にmacOS にUNIX が採用される前から,生命科学分野ではmacOSが好んで使われてきた。グラフィカルなインターフェースが生命科学研究者にとって親しみやすかったのだろう。そればかりでなくOS Xとなってからは,UNIXが使える生命科学研究ツールとしてmacOSの利用価値が高くなった。UNIXとしてのMacの素晴らしさを紹介した『バイオ研究が10倍はかどるMacOS X活用マニュアル』(中村保一,礒合敦,荻島創一著,羊土社,2003)が2003年に発刊された。当時のmacOSのバージョンは10.2で,それをベースとして執筆されていたが,macOSはその後なんどもアップデートし,16年経った2019年4月現在,バージョン10.14.4となっている。

2017年に上梓した拙著『Dr. Bonoの生命科学データ解析』(以下,Bono本)は幸いにも好評をもって多くの生命科学研究者に迎えられた。発売後間もない2017年12月に静岡,2018年4月に大阪にて読書会が開催され,この本に書いてあることに対する自分の解釈を発表し,参加者たちとの議論がなされた。著者であるDr. Bonoも参加したのだが(大阪での会はtwitter参加であったが),その際に指摘されたことが「本に掲載されているコマンドをそのとおり打ちこんでも動かない」ということであった。確かにBono本には実践的な内容は盛りこまれてないので,書いてあるコマンドはまったく同じようには実行できないものも多くあるし,そもそもテストデータなども提供されていない。教科書として,コマンドとはどういうものかを知ってもらう例としてあげていただけで,読者が実際にそれをコンピュータ上で打ちこんでたどっていくことまでは想定していなかった。

他方,Bono本よりも先に出版され,次世代シークエンサー(NGS)のデータ解析におけるバイブル的な存在となっている書籍として『次世代シークエンサーDRY 解析教本』(清水厚志,坊農秀雅監修,学研メディカル秀潤社,2015)がある(以下,DRY本)。このDRY本は,NGSを利用したプロトコル本で,極めて実践的な内容であり,実際にコマンドを打ちこんで(同じ文字を打ちこむことから写経して,といういい方をする)独習するタイプの本である。これまで日本語での学習リソースがほぼなかったNGSデータ解析分野においては非常に有用なのだが,生命科学のデータ解析は広く多様なため,すべての生命科学データ解析をカバーすることはできてない。すなわち,NGSが登場する前からあった基本的なバイオインフォマティクスのスキル,例えば,配列類似性検索や系統樹作成,タンパク質ドメイン解析が抜けているのだ。

そんな中,メディカル・サイエンス・インターナショナルの星山大介さんから生命科学者向けのプログラミングの本を出したいという話があった。生命科学データを題材としてPythonなどのプログラミング言語を紹介する書籍はあるものの,それらのプログラミングだけできても生命科学データ解析の達人にはなれない。それならば,生命科学データ解析のためのコンピュータリテラシーをきっちりと身につけられるコンテンツにしたほうがよいだろうと考えた。そこで,Dr. Bonoが普段から共同研究として行っている生命科学データ解析の現場から実践的な内容を紹介する形で,Bono本の実践編として出してはどうかと提案した。それが本書である。

Bono本でカバーしきれなかったUNIXコマンドラインの使い方から,データ解析の実践的な手順を詳しく,ハンズオンで追っていけるようなレベルで解説した。また,それらを併せて解釈するために必要なちょっとしたテクニックを,本筋からは脱線気味になることは承知の上でふんだんに紹介した。写経できるコンテンツももちろん多くあるのだが,本に書いてあるとおりにそのまま打ちこんでいけば解析ができるのではなく,読者であるあなたが意味をきちんと理解してコマンドを入力していく,そんなスタイルをめざした。基本的にmacOSでの実行を前提として書かれているが,UNIXであれば問題なく,クラウド上のLinuxでの利用も想定している。

本書を執筆するに当たり,東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院の天竺桂弘子准教授との数々の共同研究がその屋台骨となっている。また,本書にある多くのコマンドを試していただき,わかりにくい点を指摘してくれた,天竺桂研究室の大学院生,坂本卓磨さんに感謝する。 本書を参考に,読者のみなさんがより自在に生命科学データ解析されんことを祈る。

2019年春 雪解けの富士山麓,三島にて 坊農秀雅

出版社のページから章立てを引用しました。

  • 1章 準備編 

    1.1 Mac を買おう

    1.2 Mac をセットアップしよう

     1.3 周辺機器の設定

  • 2章 基礎編 

    2.1 UNIX コマンドラインを使ってみよう

     2.2 コマンドラインの基本操作 

    2.3 シェルプログラミングのための環境構築 

    2.4 ネットワークを介して遠隔のコンピュータを操作する

  • 3章 実践編 

    3.1 公共データベースからのデータ取得

     3.2 配列類似性検索 

    3.3 系統樹作成 

    3.4 ドメイン解析 

    3.5 発現定量解析 

    3.6 データ統合解析

     

2章 基礎編はぼくには大変役に立ちそうです。

ぼくのように「写経」でDry解析を覚えていった人間には基礎知識の理解が欠けています。これを大分補ってくれそうです。

特に役立ちそうなのは「2.4 ネットワークを介して遠隔のコンピュータを操作する」 です。

実際これやってみたいのです。でも職場のネット環境で無理そうな気も…

 

3.1 公共データベースからのデータ取得」も懇切丁寧です。

SRAの配列のデータ取得は実は坊農さんの「生徒」であるぼくはマスターはしていたのですがその他のデータの取得についても解説がされています。

その他部分は、現時点ではかなり駆け足で眼を通しただけなのですが「3.5 発現定量解析」については全部読んでみました。 阪大python会謹製の某ikraについての言及もありました。

というように初心者としては初めから終わりまで通読すると御利益がある本だと思いました。

今日はこれくらいです。

 

明日から開催される日本癌学会の会場では売り出されるようです。

自分のコピーをゲットしましょう。

生命科学者のためのDr.Bonoデータ解析実践道場


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License