「神」と再会

On 2017/3/21 火曜日, in book, hypoxia reseacrh, by bodyhacker

例年この時期は花粉症の症状はきつくないのですが今年はひどい。

来年も今年並みになるのであれば何か根本的な対策を講じる必要があるという位ひどいです。

生産性がガタ落ちです。

IMG_4428


「神」と再会

ぼくは大学を卒業後4年間臨床麻酔だけをした後,大学院に入学しました。 どこで何を研究するか当時まだ健在だった森先生と激論の末,ウイルス研究所の淀井淳司先生の研究室に「わらじを脱ぐ」ことになりました。

当時淀井先生の研究室ではいくつかのプロジェクトが動いていたのですがぼくはthioredoxinという蛋白質の細胞内での機能の解析をテーマとすることになりました。

最初の三年くらいはデータらしいデータも出ず,しかし,それを軌道修正してくれる人もいないという状況で孤軍ではないまでもとにかく奮闘をムダに続けていました。だからといって放置されていたわけでもなかったのですが…

意地で頑張っていたら,三年目くらいからデータが出始めて四年目にはたぶんこのまま続けていれば論文になるだろうというところまでようやく到達しました。

 

淀井先生の研究室に伝説の研究者がかつて在籍していました。ぼくが淀井研に参加した当時は米国で研究を開始していたので直接の交流はなかったのですがそれ故伝説化というか神格化-まさに神格化という言葉がぴったり-されていました。

そもそもthioredoxinも「神」がADFとして単離に成功した蛋白質でした。

 

今となってはよく覚えていないのですが何かの機会に「神」にお会いしたときに淀井先生から促されてぼくの研究の紹介をしたことがありました。

その時に「これは細胞内のレドックスシグナルにカスケードが存在しているということを主張しているのだね」というようなコメントをもらって「はっ」と蒙を啓かれたという体験をしたことを今でも覚えています。

ホントに今も研究続けている理由の一つと言ってもよいかも知れないほどの体験でした。

今でもdataさえ積み上げれば解ってくれる人は解ってくれると思ってはいるのですが論文には物語はやっぱり必要だろうとおも思っています。

少ししてその論文は出版されてぼくの学位論文になりました。

ぼくの25年ほどの研究人生での最高傑作だと現在でも思っています。留学の時応募した奨学金に2年連続通ったのもその論文のお陰です,きっと。

発想がすばらしいのです端的に。

 

その「神」が日本で開催された学会に出席の為一時帰国されて先週の月曜日に淀井研縁の7人で酒を呑みました。

初心に戻る事ができました。

 

「神」語録をもう一つ。

医学部を卒業して国家試験に合格した能力がある大学院生に4年で学位を取得させられなければそれは指導者の責任だ

聞いたときギョッとしました。

指導者がアホだと院生が学位を取得できない!! つまり院生が学位を取れないとうことは指導者がアホ!!

 


悪魔の勉強法」に参考文献として取り上げられていた「伊藤君AtoE」を読みました。

おもしろいしタメになります。

梅田の紀伊国屋でも一冊しか置いてありませんでしたけど。

A 伊藤に長い間片思いするが、粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人

B 伊藤からストーカーまがいの好意を持たれてブチ切れる、バイトに身の入らないフリーター

C 伊藤の童貞を奪う、男が切れたことのないデパ地下ケーキ店の副店長

D 処女を理由に伊藤にふられるも、売れっ子放送作家を初体験の相手に選ぶ大学職員

E 伊藤が熱心に勉強会に通う、すでに売れなくなった33歳の脚本家

AからEの5人が伊藤君と関わっていく小説です。

Apple Musicで「三番目の風」という曲を聴いてこれは名曲だと思ったのですがPVを見てぼくの思ったのと違ってびっくりしました。

でも「名曲」です。


有識者会

土曜日にいつもお世話になっている有識者とカンファレンスを開いて次のprojectへのアドバイスをいただきました。

このprojectは何とか成就したいです。

IMG_4452


PDF
Tagged with:  

金曜日に学内の研究コンソーシアムの成果発表のコロキウムを開きました。

学外からのゲストもお呼びしてぼくとしては満足のいく会が開催できました。 会の後の打ち上げでワインを飲みすぎました。

 

土曜日の朝から日当直でした。 O方先生とでしたので論文の作業を進めることができると期待していましたが前日からのcarry overで途中すごく眠くなり作業効率が爆減してしまい加えて深夜に某緊急対応が未明まで続き予定の50%,全体の25%位まで進んだということで取りあえず満足しました。


東北関連の本

土曜日は東北大震災から6年でした。

少し前に,「魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─」という本を読みました。

ノンフィクション作家の奥野修司氏が東北大震災の遺族たちを訪ね取材した「霊体験」-まさに霊体験としか言いようの無い体験です-を紹介した本です。あまりにリアルな体験ばかりです。 小林秀雄氏の「学生との対話」に収録されている「信ずることと知ること」はこういうことにどう対峙するのかという小林秀雄の考え方が述べられています。

 

東北と言えば宮沢賢治の評伝 「宮沢賢治の真実 : 修羅を生きた詩人」を昨日から読み始めたのですがこれもすごいです。

大学生の時に見田宗介さんの宮沢賢治の評伝「宮沢賢治―存在の祭りの中へ 」を読んで以来の衝撃です。

宮沢賢治―存在の祭りの中へ 」は現在は岩波現代文庫の一冊となっています。


Natureにこんな記事が出ていました。

記事に引用されている図は”the American Council on Science and Health”という団体が発表したものです。 一言で言えば米国の科学報道は相当危ないから眉に唾を付けて受容する必要があるという主張です。

Natureのこの記事では,ここのratingの当否は置いておくとして実態はそう単純でないと結んでいます。

日本でも,医学的には不適切と思われる健康情報がネットや既存のメディアで不適切に取り上げられて社会問題化しているという状況があります。 日本でもこういう団体があると参考になるのでしょうか。大手新聞は軒並み「右下」圏外となるかもしれません。


「悪魔の勉強術 」

枚方市駅前の蔦屋書店は朝7時から開いています。土曜日の日当直で読もうと思った本を仕入れに土曜日の朝寄ってみました。 そこで入手した本を紹介します。

「悪魔の勉強術 年収一千万稼ぐ大人になるために」 です。

同志社大学神学部特別講義を完全収録

ということで佐藤優さんが同志社大学神学部の学生を対象に2016年の6月から8月にかけて行った4回の講義の内容がまとめられています。 1回5時間の長丁場。 一読まとまりが無い感じもあったのですが通読すると味わい深い本です。

目次は

  • 第1講 天国か地獄か
  • 第2講 天使のように貪欲に
  • 第3講 悪魔のように勤勉に
  • 第4講 復活の日に向けて

といった感じで神学部仕様となってて実際の広義もキリスト教神学に関する話題から入って行きます。この部分もなかなか味わい深いのです。 年間1500時間,悪魔のように学ぶことを勧める一冊です。

p223-p227のアドバイスは淡々と語られる故に説得力があります。

p286『「神学者」佐藤優はこうして生まれた』以降から最後までも読み応えがあります。

これは必読ですよ。 これでたったの702円。Kindle版もあります。

同志社大学神学部も一緒に読んでね。

 

研究者を目指す人は悪魔のように実験しましょう。これが言いたかったのですけど。

ぼくも大学院の時は,臨床関連の某学会とか某学会とかには4年間参加しませんでした。でも某学会の指導医にはズルせずになれました。いい時代だったんですね。

一年360日くらい実験していた年もありました。それで何とかなった友いえますが,家内にはそれでもこれだけって意味がないとも言われます。


PDF
Tagged with:  

 研究不正

「医学界新聞」という医学書院のPR誌があります。新聞形式の媒体で毎週発行されています。Webでも記事の内容は制限なく誰でもよく事ができます。

「研究不正大国」からの脱却を というタイトルの,黒木登志夫先生へのインタビューをまとめたものが出ていてぼくのtime lineでも何とが言及されていました。

内容は,黒木先生の著書『研究不正――科学者の捏造,改竄,盗用』とほぼ同じです。

日本は今や,「研究不正大国」でありこれを打開するためにはできるだけの事をしていかなくてはいけない,が結論。

不正によるデータは再現できませんが,再現性がないからといって不正だとは言えません

不正によるデータが他人によって再現されてしまう場合はぼくはあると思います。

不正といってもまるまる捏造というようなケースは元々少ないのではないでしょうか。今やよほどのケースを除けばdataの使い回しなどはごく希である意味不正も巧妙なものとなっていると思いますーと思いきやいまだにこういう論文を見つけることがあります。編集長に指摘しても取り扱ってくれない雑誌もありました。こうなるとどうしようもありませんよね。

 

研究室でも各自の進捗を確認する機会があるとはいえ,元データを全員で確認するわけではありません。私は,全ての実験データをデジタル化し,研究室内で共有すべきだと考えています。それに伴う費用の問題などはありますが,情報の共有化はあらゆる不正や事故,誤りを防ぐ上で基本となるため,ぜひ実現してほしいところです。

 

確かにここまでやって論文投稿に際してはそのdataが全てオープンになるのであれば不正の検証もしやすくなるでしょうがこれがあるべき世界なのかはよく解りません。

 

再現性の低い論文publishされてそれがpreclinical studyである場合悪影響の程度が大きくなる場合があるのでその問題への一つの解決法するにはどうするかという論考です。 カナダのマギール大学の臨床と基礎の神経学者の共著となっています。

この論考は無料で公開されていますから肝の部分を引用しました。

引用のコピー

つまりその論文がpreclinical studyである場合には,confirmatory studyを経てからpublishされるべきでそのための方策を講じるべきだという主張です。

なかなか大変そうです。誰が”confirmatory study”するのかということが最大の問題ですね。

一口に再現性と言ってもclinical trialでは質だけでなく量的な再現性も問われるわけですからこれは大変です。

 

これはあると思います。ここまでされた事は無いけど。

 

これってあるのかな,よく言われるけど。

研究ってアイデアだけではないですよ。

 


騎士団長殺し

「騎士団長殺し」は金曜日に読み終わりました。

「1Q84」に較べると読みにくいかもしれませんね。

これは一読解ることですが彼の今までの小説のいろんな要素がアマルガムのようになっています。

で,第三部があるかどうかですが「あると必然性はない」と思います。「1Q84」はBook3の必然性があったけど。

 

こんなの出てました。

素晴らしいのはApple Musicで結構聴けるということ。


学生との対話 

これはおもしろかったです。全集にも収録されていないし。

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

これ役に立ちますよ

Sapiens: A Brief History of Humankind

遅ればせながら読んでみました


最近これを地で行くような事象を目の辺りにしてちょっとびっくりしました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License