ご無沙汰してました。生きてます。 結構忙しくてさぼっていました。

これからはリサーチマップだということで重い腰を上げて登録を始めました。(参照)

業績を入力する段階で足踏みしています。

論文を全部手入力していたら死ぬなとおもって色々と画策しているのですがどうも一発変換的な奴が思いつかずに鬱々としていたのですがたぶんアレでという方法を思いつき試そうとしたのですが何か面倒でこれまた鬱々とした状態です。

あれこれ見ていたらぼくが著者の論文を5つ発掘しました。

 

科研費も研究者番号から一発で連携できない状態に現在なっているようでこれはリンクが戻ってからにしようと思っています。


「死にゆく患者と、どう話すか」

医学書院が出版している「Cancer Board Square」という雑誌があります。日本語の雑誌です。

医師,看護師,薬剤師にソーシャルワーカーなど,がん診療に関わるすべての医療従事者に求められる横断的な知識を提供。実際の症例をベースに,臨床で遭遇しやすいリアルなトピックを取り上げる。医学から物理学,人文学まで,様々な視点から「がん」について考える,新しいがんのプラットフォーム

という内容です。 ぼくはこの雑誌を自分でお金を払って購読している訳ではないのですが職場の包括的な契約で毎号購読できるのでつまみ読みをしています。

國頭 英夫氏の「死にゆく患者と、どう話すか」という連載がありこれは毎号読んでいました。

 

書評サイトHonzでの紹介されてたのに気づき,すでに本になって出版されていることが解りました。連載は4回目で現在も続いているのですが本は昨年の10月にすでに出版されていたのですね。

立ち読みをして見ると連載の内容を全て含んでいてそれに大幅に加筆されている事がわかりましたので買って読んでみました。

 

ぼくは麻酔科の医者で麻酔しかしません。つまりペインクリニックとか集中治療には現在関わっていません。

非常に重篤な状態の患者さんの麻酔を担当することはありますがそのような状態の患者さんは意識がないかあってもぼくと通常の会話が成立しない状態に陥っていることが多いです。そのような患者さんの家族と話すことはありますがすでに手術が決定されてからぼくは「出動する」ので麻酔のリスクを説明してその結果患者さんの家族が麻酔を断るつまり手術を断るということは通常はありません。

今まで一番強い説明をしたのはぼくが医者になって3年目の夏のことです。滋賀県の某病院で腹部腫瘤ある患者さんの開腹生検を外科医がすると主張しました。その患者さんは心不全状態で昇圧薬と強心剤でなんとか心臓がうごいているような患者さんでした。主治医はどうしても腹部の腫瘤の正体を確認したかったのでしょうか患者さんの息子さんに開腹して生検するなら大丈夫という説明をしていました。そしてぼくに麻酔を振ってきたのです。ちょうどお盆で麻酔はぼく1人で担当する事になります。困ったので部長の自宅に電話で相談しました。「ひろちゃんーぼくのことです。その病院ではぼくは皆にそう呼ばれていましたー,患者の子供(といっても患者さんは80歳近くでしたから全員ぼくより年上でした)を全員集めて手術中に心臓が止まる可能性があるまた挿管したまま帰室することになると説明してそれでもと同意したら麻酔しなさい」との託宣を得たので実際に3人の子供さんを集めてぼくからそう説明をしました。そうすると顔を見合わせたあと長男さんが「いいよな」と発言されて他の二人も「いいです」という事だったので手術,麻酔を行う事になりました。生検中に心停止や極度の低血圧は起こらず何とかICUに患者さんは戻りました。でも次の日突然患者さんの血圧が出なくなり患者さんは亡くなりました。お盆明けに外科の主治医は麻酔科の部長に相当絞られたそうですーあたり前だ!!-。

ちょっと懲りたので患者・家族さんとなるべくはなさいという戦略をその後取っていました。というかそういう事態に陥るのがいやで麻酔の医者をしているのです。

通常の予定手術の患者さんとは普通に会話をする場合がありますがその場合でも麻酔の施行に必要なことをぼくが聞きだすということが主目的で患者さんも麻酔科医であるぼくに「核心的な」質問をする機会は少ないです。ただ第三者的な医師としてのぼくに病気に関する質問をされる患者はいます。質問されても核心的なことは何も話しませんけど。

「麻酔」をかけられるということに漠然とした不安を抱く患者さんがいますーたぶん全員不安なのだと思うのです。自分麻酔を受けて手術をされたことはないのですが夢で麻酔をかけられてそのまま死んでしまった経験はありますー。

それを表出する患者さんにはいつも(経験的には)100%大丈夫ですと言って直ぐに逃げます。

 

父は突然,倒れて救急車で最寄りの県立病院に搬送され,心肺蘇生を3時間も先生がしてくれていたようです。ようやく,ぼくと連絡がついた時点で「先生,もう三時間なんですけど一度も戻らないんです」と言われたので「ありがとうございました。もう結構です」と携帯で告げた時間が死亡時間となったので深刻な事は一切ありませんでした。

帰省したらAIしてくれたらしく弟がCTのフィルムをぼくに差し出しました

 

ということもありこの連載で取り上げれている治癒する可能性がないまたは極めてすくない患者さんと話す機会はぼくには日常的にはありません。

でもこれでも医者なのでこういった問題にとても興味があります。

この本は講義録です。日赤看護大学の看護学生(1年生。しかも全員女子)が選択したゼミの内容を実況的に綴ったものです。

文体は話言葉です。

 

いろんな状況設定があるのですが「白い巨塔」とか「コード・ブルー」(ガッキーが研修医として出演していたドラマですね)などのテレビ番組の設定が例示されていきます。

 

この本のおもしろい部分は後半です。

学生へ出された課題のレポートのプレゼンテーションとその講評を通じて学生と國頭先生のやりとりがありこれがおもしろいのです。

92ページのコメントには笑いました。

 

ここを書評子は

幼いなりに、世の中を知らないなりに必死に課題にくらいついていく。その過程は正直、涙ぐむほどがむしゃらだ

と表現しているのですがぼくはそうは思いませんでした。医者はそう思うと思います。しかし,レポートはよくできています,というかできすぎですね。

本書に通底するのは、プロとしてのテクニックをどう磨くか、である

であるかの様に表面的には読み取れるのですがこれがテクニックの本と思うとぼくには違うと思われます。というかぼくはそういう「プロ」目指していないので。

 

しかし,この本を医者が読むとするとぱっと流し読みをしたとしてもたぶん翌日からの臨床への関与が確実に変化すると思います。

とにかく読んでみたらよいと思います。

 

今年も3人の三回生の学生さんの配属実習を引き受けています。 分子生物・細胞生物学の実習の待ち時間に毎年映画を観てもらいます。

映画は

ディア・ドクター

わたしを話さないで

赤ひげ

の三本です。 映画のあと雑談をします。

脳死と移植(臓器摘出)の関係には次の四つがあります。

1. 脳死は人の死である。だから移植はしてもよい。

2. 脳死は人の死である。しかし移植はしてはならない。

3. 脳死は人の死でない。だから移植はしてはならない。

4. 脳死は人の死でない。しかし移植はしてもよい。

1と3は筋が通っています。2もなんとかですが普通に考えて4は滅茶苦茶です。 しかし日本は4を採用しています。

というようなことを毎年話します。

この本にも出て来ますね。養老孟司さんの本からのパクリです。

 

 國頭先生の思想が随所にちりばめられおそらくツッコミどころ満載です。

 

最期に,國頭氏は白石 恵を差し置いて緋山 美帆子と冴島 はるかに肩入れすぎだと思います。 白石 恵はこのドラマのヒロインなのに。

 

死にゆく患者(ひと)と、どう話すか

 

医学書院の雑誌にはおもしろいものが結構あります。 「精神看護」もその一つです。普通の意味での医学雑誌ではありません。


PDF

2016年のベスト本

On 2016/12/30 金曜日, in book, books, Kindle, by bodyhacker

2016年のベスト本

前回のエントリーで予告した通りに昨年に続き「2016年のベスト本」をやってみたいと思います。

本は基本的には通勤電車([25分+20分]x2)の中でしか読まないのでそう多くの本を読むわけではありません。


フィクション

結構最近「蜜蜂と遠雷」を読みました。これは力作です。

コミックの「ピアノの森」と似ているところはあったと思いますが一気に最期まで読まされました。

才能と努力とかそのような話題を考えさせられます。結構な分厚さで上下二段で正月休みにもってこいのボリュームです。

 

「風が強く吹いている」」も偶然映画を観てそれで読みなおしました。

こういう小説ってたぶん英語に翻訳される機会は少ないと思うのですが読んだ人のその後の考え方にとても強い影響を与える可能性があると思います。

 

 

「マチネの終わりに」には新聞の連載小説ですがぼくはcakesでの連載でフォローしていました。まとめて読んだのはKindle版でamazon unlimitedで読みました。

「夜行」もすごく楽しめました。「蜜蜂と遠雷」と共に直木賞の候補になっているようです。

京大も20年後には平野啓一郎,森見 登美彦,万城目学の母校として知られるようになると思います。

 

 

麻見 和史さんの警察小説のシリーズがあります。 如月塔子という名前の女性刑事が主人公で副題に警視庁捜査一課十一係とあるように彼女を巡る群像が殺人事件と絡められて進行していきます。 数年前に文庫本を見つけて文庫本になっているところまで(6冊あります)は全部読みました。

「警視庁捜査一課十一係」の面子が正式な捜査会議のあと集まって一杯やりながら行う事件の「筋読み」のシーンがうまく書かれています。実験室でも気軽にデータを持ち寄ってお互いに批評しあう雰囲気があると研究も楽しくなりますよ。 テレビドラマにもなっています。 「石の繭」と「水晶の鼓動」が「如月塔子」を木村文乃さんが演じて公開されています。 小説も面白いですがドラマもおもしろいです。木村文乃さんは好演というか彼女しか適役はいないという演技です。 読むのが面倒な人はビデオ観てください。結局本も読みたくなると思います。「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」を凌駕するおもしろさです。

文庫本を6冊とビデオを見たら正月休みの暇つぶしになります。

 

「パードレはそこにいる」 騙されたと思って読んで見ると得します。(上)(下)あります。

でベストは

「ブラインド・マッサージ」

ブラインド・マッサージ (エクス・リブリス)

です。


ノンフィクション

「村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝」 「狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ」には驚きました。

「狂う人は」年末の各紙の今年の三冊とかの特集でも多くの評者にあげられていました。島尾夫妻もすごいけどこれを書き切った著者の梯さんにも脱帽です。

 

「解縛: 母の苦しみ、女の痛み」

文庫本を読みました。 家内も母親にどんな気持ちを抱いているのか聞きたくなりましたが怖くなって止めました。

 

「母の母、その彼方に」

雑誌「考える人」の連載の単行本化されたものです。大阪の箕面が舞台なのでより興味をもって読むことができました。

 

池澤夏樹さんが編集して刊行が続いている河出書房新社の日本文学全集のうち今年刊行された

「日本語のために」

「枕草子/方丈記/徒然草」

「平家物語」

を読みました。

特に酒井順子さんが担当した枕草子は橋下治さんの「桃尻語訳 枕草子」を凌ぐ現代的だな名訳だと思います。

 

翻訳物の医療関連の一般書が何冊か出版されたました。

「死すべき定め――死にゆく人に何ができるか」

「脳外科医マーシュの告白」

「いま、希望を語ろう 末期がんの若き医師が家族と見つけた「生きる意味」

それぞれ

Being Mortal: Medicine and What Matters in the End

“Do No Harm: Stories of Life, Death and Brain Surgery”

“When Breath Becomes Air”

の邦訳です。 全部英語で読みましたが,死すべき定めは邦訳も読みました。英語が難しいかったです。

医学部の教材にしてもよい三冊ですが一冊選べといわれたら断然“Do No Harm”です。素晴らしい。

 

「エンゲルス: マルクスに将軍と呼ばれた男」 と「日本語を作った男 上田万年とその時代」 は堪能しました。

「これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得」   には考えさせられました


英語の本で邦訳がまだ出ていないものとしては

“The Undoing Project: A Friendship That Changed Our Minds”

“The Gene: An Intimate History”


「断片的なものの社会学」

は今年読んだもののベストなのですが2015年の発行なのでおいておきます。

 

でベストは

 “Lab Girl”

です

New York Times で二つ書評(これこれ)があってNatureでも紹介されています。

ハワイ大学の研究者Hope Jahren氏の回想録です。

女性研究者の回想録という側面が強いですが「リケジョ」的な話ではありません。 全ての理系研究者は読んだらタメになります。

翻訳がでたら読んでみたいと思います。これがどういう感じに日本語になるのか興味があります。

Kindleと紙の本を両方持っています。これもKindleで買えるので正月休みで読み切ることができます。

Lab Girl (English Edition)

 

翻訳物といえば 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」英訳がでていました。

楽しめました。

 

以上です。

本なんて高いようで安いです。このほかにも買いたい本は買いますがたぶん月に2万円は使っていません。

 

 

【追記】

 これ忘れていました。

「脳梗塞日誌 ~病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間 」


PDF

Lacker賞関連の紹介論文

On 2016/9/21 水曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

iMacの話

いったん完全復活と思っていたiMacが二週間後再度初めの症状がすごい頻度で出るようになりました。

またもやAppleに回収してもらい今度は、ロジックボードの交換とチェックで問題が発見されたメモリー交換をしてもらい戻って来ました。 原因はメモリーだったとぼくは決めつけているのですが、また二週間ほどすると再度症状がでるのではという恐怖に苛まれつつ現在問題なく作動しています。

この間iMac無しで何とかなっていたのですがやっぱりあの画面で作業すると落ち着くというか本来こうあるべき感がわいてきて捗りますね。

と書いたところで再度奈落へ突き落とされました。顛末は後ほど。


Lacker賞関連の紹介論文

Lacker賞関連の論文をいくつか紹介します。 いわゆる超一流誌に発表された論文で全てfreeで読むことができます

NEJM

The Hypoxia Response Pathways — Hats Off!

M. Celeste Simon, Ph.D.

 

JAMA

Pathways for Oxygen Regulation and Homeostasis

William G. Kaelin Jr; Peter J. Ratcliffe; Gregg L. Semenza

3人の共著!?論文です。

 

JCIには

William Kaelin, Peter Ratcliffe, and Gregg Semenza receive the 2016 Albert Lasker Basic Medical Research Award

Jillian H. Hurst

 

Cellは豪華版です。

Into Thin Air: How We Sense and Respond to Hypoxia.

Thompson CB.

に加えて

Karen氏とRatcllife氏の対談的インタビュー

Semenza氏のessay

 

今回の,受賞理由は1990年代の研究に基づきます。

HIF-1研究の初期から酸素分圧の低下に依存しないHIF-1の活性化の研究が続いていてこのラインの研究ががん研究とマージしたことがHIF-1の学問がblakeした理由だと理解しています。

PHDのcloningの論文が発表されたときもGreggはアレが本当の低酸素のセンサー分子であるかどうかは解らないという感想を述べていました。

PHD(PHD2)の発現はHIF-1により亢進することが知られていてそのような性質の分子を「センサー」とゥ呼ぶのが適切か解らないという意見です。まあ格好はいいわけですが。

それを割り引いてもHIF-1活性化のbona fide hypoxia senserの実体はいまだ藪の中だとぼくは考えています。

 

またぼくはこの論文この論文をすごく評価しています。

 


を読みました。 15曲は

  • 名もなき詩
  • 私以外は私じゃないの
  • 君の名は希望
  • Story
  • 会いたくて会いたくて
  • 誰かの願いが叶う頃
  • 天体観測
  • キラキラ
  • 閃光少女
  • おしゃかしゃま
  • Dearest
  • A new one for all, All for the new one
  • Believe
  • RPG
  • YELL

です。

 

ぼくはAmazon Prime会員なのですがプライム・ビデオ サービスがついています。

最近旧いテレビドラマ「鈴木先生」にはまっています。

終わりに流れる曲は馬場俊英さんがカバーした「僕が僕であるために」。

尾崎豊の曲をまとめて聴くともう哲学する必要もないくらいストレートでしかも美しい。

 

ところで今日

ホント腹が立ちます。

研究にも無数の段階がありますよね。

 

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

正しいものは何なのか

それがこの胸に解るまで

ぼくは街にのまれて

心許しながら

この冷たい街の風に歌い続けている

 

明日も頑張ろうっと

 


iPhone7

 

などとつぶやいていたのですがiPhone7にしました。

替えてみると

速い

広い(画面が)

きれい(写真が)

余裕がある(256GB)

 

で大満足状態です。

ちなみにつや消しの黒です。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License