2016年のベスト本

On 2016/12/30 金曜日, in book, books, Kindle, by bodyhacker

2016年のベスト本

前回のエントリーで予告した通りに昨年に続き「2016年のベスト本」をやってみたいと思います。

本は基本的には通勤電車([25分+20分]x2)の中でしか読まないのでそう多くの本を読むわけではありません。


フィクション

結構最近「蜜蜂と遠雷」を読みました。これは力作です。

コミックの「ピアノの森」と似ているところはあったと思いますが一気に最期まで読まされました。

才能と努力とかそのような話題を考えさせられます。結構な分厚さで上下二段で正月休みにもってこいのボリュームです。

 

「風が強く吹いている」」も偶然映画を観てそれで読みなおしました。

こういう小説ってたぶん英語に翻訳される機会は少ないと思うのですが読んだ人のその後の考え方にとても強い影響を与える可能性があると思います。

 

 

「マチネの終わりに」には新聞の連載小説ですがぼくはcakesでの連載でフォローしていました。まとめて読んだのはKindle版でamazon unlimitedで読みました。

「夜行」もすごく楽しめました。「蜜蜂と遠雷」と共に直木賞の候補になっているようです。

京大も20年後には平野啓一郎,森見 登美彦,万城目学の母校として知られるようになると思います。

 

 

麻見 和史さんの警察小説のシリーズがあります。 如月塔子という名前の女性刑事が主人公で副題に警視庁捜査一課十一係とあるように彼女を巡る群像が殺人事件と絡められて進行していきます。 数年前に文庫本を見つけて文庫本になっているところまで(6冊あります)は全部読みました。

「警視庁捜査一課十一係」の面子が正式な捜査会議のあと集まって一杯やりながら行う事件の「筋読み」のシーンがうまく書かれています。実験室でも気軽にデータを持ち寄ってお互いに批評しあう雰囲気があると研究も楽しくなりますよ。 テレビドラマにもなっています。 「石の繭」と「水晶の鼓動」が「如月塔子」を木村文乃さんが演じて公開されています。 小説も面白いですがドラマもおもしろいです。木村文乃さんは好演というか彼女しか適役はいないという演技です。 読むのが面倒な人はビデオ観てください。結局本も読みたくなると思います。「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」を凌駕するおもしろさです。

文庫本を6冊とビデオを見たら正月休みの暇つぶしになります。

 

「パードレはそこにいる」 騙されたと思って読んで見ると得します。(上)(下)あります。

でベストは

「ブラインド・マッサージ」

ブラインド・マッサージ (エクス・リブリス)

です。


ノンフィクション

「村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝」 「狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ」には驚きました。

「狂う人は」年末の各紙の今年の三冊とかの特集でも多くの評者にあげられていました。島尾夫妻もすごいけどこれを書き切った著者の梯さんにも脱帽です。

 

「解縛: 母の苦しみ、女の痛み」

文庫本を読みました。 家内も母親にどんな気持ちを抱いているのか聞きたくなりましたが怖くなって止めました。

 

「母の母、その彼方に」

雑誌「考える人」の連載の単行本化されたものです。大阪の箕面が舞台なのでより興味をもって読むことができました。

 

池澤夏樹さんが編集して刊行が続いている河出書房新社の日本文学全集のうち今年刊行された

「日本語のために」

「枕草子/方丈記/徒然草」

「平家物語」

を読みました。

特に酒井順子さんが担当した枕草子は橋下治さんの「桃尻語訳 枕草子」を凌ぐ現代的だな名訳だと思います。

 

翻訳物の医療関連の一般書が何冊か出版されたました。

「死すべき定め――死にゆく人に何ができるか」

「脳外科医マーシュの告白」

「いま、希望を語ろう 末期がんの若き医師が家族と見つけた「生きる意味」

それぞれ

Being Mortal: Medicine and What Matters in the End

“Do No Harm: Stories of Life, Death and Brain Surgery”

“When Breath Becomes Air”

の邦訳です。 全部英語で読みましたが,死すべき定めは邦訳も読みました。英語が難しいかったです。

医学部の教材にしてもよい三冊ですが一冊選べといわれたら断然“Do No Harm”です。素晴らしい。

 

「エンゲルス: マルクスに将軍と呼ばれた男」 と「日本語を作った男 上田万年とその時代」 は堪能しました。

「これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得」   には考えさせられました


英語の本で邦訳がまだ出ていないものとしては

“The Undoing Project: A Friendship That Changed Our Minds”

“The Gene: An Intimate History”


「断片的なものの社会学」

は今年読んだもののベストなのですが2015年の発行なのでおいておきます。

 

でベストは

 “Lab Girl”

です

New York Times で二つ書評(これこれ)があってNatureでも紹介されています。

ハワイ大学の研究者Hope Jahren氏の回想録です。

女性研究者の回想録という側面が強いですが「リケジョ」的な話ではありません。 全ての理系研究者は読んだらタメになります。

翻訳がでたら読んでみたいと思います。これがどういう感じに日本語になるのか興味があります。

Kindleと紙の本を両方持っています。これもKindleで買えるので正月休みで読み切ることができます。

Lab Girl (English Edition)

 

翻訳物といえば 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」英訳がでていました。

楽しめました。

 

以上です。

本なんて高いようで安いです。このほかにも買いたい本は買いますがたぶん月に2万円は使っていません。

 

 

【追記】

 これ忘れていました。

「脳梗塞日誌 ~病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間 」


PDF

大学院生への推薦図書 5冊

On 2016/4/2 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

推薦図書 5冊

最後に追加した項目-345

 

新学期スタートです。 恒例の推薦図書紹介をやります。 前年度は「推薦図書 10冊」でやりました。(参照:推薦図書 10冊) 

今年度は、これと重複しない5冊を推薦します。

 

「シャーロック・ホームズの記号論―C.S.パースとホームズの比較研究」

すこし古い本ですがamazonなどではまだまだ入手できます。

以前に紹介したことがありました(参照:「仮説、モデル、問い」)

 

シャーロック・ホームズの記号論―C.S.パースとホームズの比較研究 (同時代ライブラリー (209))

 

「心脳問題」

「心脳問題」は部分的には三回くらい読み返しました。 麻酔科の医者ですので麻酔状態ってどんな状態かに興味があります。それに関する研究も多く発表されていますがぼくとして満足なものはありませんでした。理由が「心脳問題」を読んで解ったような気がしました。 麻酔科の領域でこの分野の研究をしている人たちは少なくとも「心脳問題」や「意識をめぐる冒険」の問題提起に答えを出す様な研究をやってもらいたいと思います。現状では、小難しい話をして皆を煙に巻いているとしか言いようがないと思います。 「文体の科学」はともかく「理不尽な進化論」と「心脳問題」はすこし難解だと思います。行ったり戻ったりを繰り返さないとぼくには通読せきませんでした。特に「心脳問題」は難しいけど通読する価値は大いにあると思います。医学部・医科大学の授業で教科書として取り上げる価値がある思います。 (参照: 2014年のベスト〜本〜)

この本を推薦する理由は、脳科学のよい教科書になりうるからではありません。 まえがきにある通りに、

しかし、提供される脳情報があまりに多量かつ多彩であるため、どの情報を信じて良いのか、重要な問題がなんであるのかを判断するのがとても難しくなっています。へたをすると情報の海でおぼれてしまいかねません。ウソや怪情報も飛びかっています。

こんな時に必要なのは、闇雲に新たな情報を仕入れることではありません。それでは混乱の度が増してしまうだけです。必要なのは、そもそもそうした情報とどのようにつきあえばよいのかをあらためて考えて見ること、いいかえれると「脳情報のリテラシー(読み解きかた)」を身につけることではないでしょうか。まさにそれがこの本のテーマです。最初に述べた「基礎知力」とは、このリテラシーにほかなりません。

科学を学ぶための前提となるリテラシーを学んでもらいたいからです。

最後に掲載されている解説がついた大量の参考文献のリストも役に立ちそうです。

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

 

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用

自分が科学者だと自任する人は一流でも二流でも三流であっても一回は読んでおいた方がよいかと。

いわゆるソーカル事件と関連の深い本です。

こんなサイトも存在します。 ここの議論だけ読んでももしかしたら十分かも。

 

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用 (岩波現代文庫)

 

ライフハックで雑用上等〜忙しい研究者のための時間活用術

Macを研究に使う人なら一回は眼を通しておくと良いと思います。

今まで使っていたアプリでも知らなかった使い方を発見するかも知れません。

 

参照:出版社による紹介 詳細な「もくじ」が載っています。

ライフハックで雑用上等〜忙しい研究者のための時間活用術

 

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ

ライフハック本でも紹介されているScrievenerの日本語による解説書です。

ここ数年論文や申請書の執筆に使ってきましたがこの本を読んで機能の1/3位しか使っていなかったことに気付きました。

まあそれでも十分だったのですが…

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ

 


映画 「リップヴァンウィンクルの花嫁」

先週の日曜日に岩井俊二監督の映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。

上映時間で3時間!!

 

綾野剛さん

すばらしかったです 産科医の役などやってお茶を濁している場合じゃ無いよ。

 

というわけで「花とアリス」も今日、観直しました。

蒼井優あの時、19歳だったって今日知ってびっくりポン

ちなみに鈴木杏は17歳だったようです。

 

最後に追加した項目-332


PDF

春休みに観たい・読みたい映画・本

On 2016/2/28 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切のある原稿にかかっていて98%くらいまで終わったので家内と映画を観に梅田に出ました。

本当に気持ちの良い陽気でした。


門川さんの「春休みに読みたい10冊」に触発されて少し書いてみます。

うちの職場では、3回生の学生が1月に各講座を廻る「配属実習」というプログラムがあります。 実験室でいろんな体験実習をしていただく待ち時間の合間に映画を鑑賞してもらう事にしています。

今年はこの三編でした。

「赤ひげ」という言葉は知っていても映画を観たことのある医学生はごく希です。一度は映画を観てもらいたいと思います。

わたしを離さないで」 は今テレビドラマとしても放送中ですね。映画とはまったく印象が異なりますし強調している点も違うと思います。

伊藤計劃の「ハーモニー」 をアニメ映画化したものを観てもらいたいと思いましたがDVDがまだ利用不可能でしたので今年は断念。

IMG_0592

 

この他に邦訳のない医療もののnon fictionを三つ勧めておきます。

“Being mortal”ここで“Do No Harm”ここで言及したことがあります。

“When Breath Becomes Air”は今年の2月に発売になったばかりです。

雑誌New Yorkerに抜粋が掲載されています。 ステージIVの肺がんを患った脳外科医Paul Kalanithiの回想録です。

医者という職業を巡るいろんな哀感が書き込まれていて見事です。英語はちょっと難しいかも。


雑誌New YorkerにThe Stress Testと題された文章が掲載されています。

STAP騒動が主題です。

例の手記の出版を受けて書かれた文章で、Vancanti氏本人へのインタビューも折り込まれていて日本で日本語で書かれたあらゆる文章と趣がまったく異なります。ますますこの一件について解らなくなりました。

日本でも小保方さんの手記はでたものの東京女子医大・早稲田大学の人たちや理研でも小保方研で働いていた人たちの声などが一切出てこないので何が何だか解らんという状態です。

英語はすこし難しいと思います。

Annals of Science FEBRUARY 29, 2016 ISSUE

The Stress Test

Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License