研究の再現性

On 2015/9/6 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

昨日麻酔科学会の関西支部学術集会に参加してきました。

たぶん座長をした「お駄賃」としてある本を会長の横野先生よりいただきました。(手術室の安全医学講座)

帰りの電車で読んだのですが知識のアップデートに有用と思いました。読者は麻酔科医の医者を想定していると思いますが研修医くんや看護師さんも良い読者になると思います。

手術室の安全といってもすごくスコープが広く確かにここまで考える必要があるよねということに気づかされます。

各項目は1-2ページでまとまられていますので時間を見つけてどんどん読み進めることができます。

NO.132は「あの先生、ちょっとおかしい??」です。内容は読んでのお楽しみということで。

 

手術室の安全医学講座

 


研究の再現性

ここ数週間、研究の再現性についての記事をネット上でいくつも読みました。

きっかけは

で紹介されている”Science”に掲載された論文だろうと思います。(Estimating the reproducibility of psychological science)

FiveThirtyEightにも関連の面白い記事が出ていました。

実験結果を不正に操作しようという意図がなくともいわゆる複雑な”p-hacking”をしているうちに他の研究者はおろか自分にも再現できない結果が得られそれを出版してしまうという事があるようです。

にはp-hackingのsimulatorが提示されていて面白かったです。

ここだけみてみるだけで十分価値があると思います。

 

このtweetのリンク先

米国・細胞生物学会の研究再現性問題への対策:2015年7月15日 も研究の再現性についての論考ですがこれも一読の価値があります。

 

明らかにデータの操作を行ったと思われる論文の存在を指摘しても知らんぷりの某学会の英文雑誌の対応と全く違いますね。そもそもなんであんなデータを提示している論文を採択するのかまったく訳が解りません。字面を読んでp<0.05だとそれでOKって感じなんでしょうね。自分でWestern blotとかしたこと無いんですよたぶん、査読者は。


人の死

ある書評サイト人はいかにして蘇るようになったのか: 蘇生科学がもたらす新しい世界紹介されていました。

Erasing Death: The Science That Is Rewriting the Boundaries Between Life and Death“の邦訳です。

ぼくは英語版で二年前に読みました。(参照)  英語版の章立ては以下の通りです。

  1. Amazing things are happening here
  2. One small step for man, One giant leap for mankind
  3. The formula of life
  4. Reversing death
  5. The orphan
  6. What it’s like to die
  7. The elepahnt in the dark
  8. Understanding the self: Brain, Soul and the Consiciousness
  9. The Afterlife We Know
  10. The AWARE study
  11. What does it all means ?

となっていて第5章までは蘇生学の解説となっていますがそれ以降は著者の考えが展開されていきます。これがかなり独自で面白いのです。

著者の一人Sam Parnia氏は医者です。 臨死体験や蘇生中の患者の意識状態についての研究を展開していてちょっとした有名人です。論文もあります

AWARE-AWAreness during REsuscitation studyという研究を率いていて論文もいくつも出版されています。 例えばこれ 

何をもってヒトが死んだと判断するかは基礎医学的・生物学的にはそうそう簡単な問題ではありません。

鎌倉時代に九相図という仏教画で人が死んで朽ちていく過程が描かれました。

  • 脹相(ちょうそう) – 死体が腐敗によるガスの発生で内部から膨張する。
  • 壊相(えそう) – 死体の腐乱が進み皮膚が破れ壊れはじめる。
  • 血塗相(けちずそう) – 死体の腐敗による損壊がさらに進み、溶解した脂肪・血液・体液が体外に滲みだす。
  • 膿爛相(のうらんそう) – 死体自体が腐敗により溶解する。
  • 青瘀相(しょうおそう) – 死体が青黒くなる。
  • 噉相(たんそう) – 死体に虫がわき、鳥獣に食い荒らされる。
  • 散相(さんそう) – 以上の結果、死体の部位が散乱する。
  • 骨相(こつそう) – 血肉や皮脂がなくなり骨だけになる。
  • 焼相(しょうそう) – 骨が焼かれ灰だけになる。

こうなると死は誰の目にも明かなのですが現代では脳死一つとってみても少なくとも日本では普遍的な人の死ではありません。

この本は専門家向けというより一般啓蒙書として書かれていますので興味を持った人は邦訳を読むといろんな蘊蓄とか小ネタを得る事ができると思います。

著者による解説もあります。

Erasing Death: The Science That Is Rewriting the Boundaries Between Life and Death 人はいかにして蘇るようになったのか: 蘇生科学がもたらす新しい世界

 

満屋裕明先生 

以前、満屋裕明先生について書いたことがありました。(参照)

昨日本屋で満屋先生の評伝が文庫本で出ているのを発見しました。(エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明)

満屋さんって村上龍さんと同窓で一年先輩なのですね。

 

 


PDF

ガイドライン

医療の世界にガイドラインというものがあります。  wikiの記載によれば

医療現場において適切な診断と治療を補助することを目的として、病気の予防・診断・治療・予後予測など診療の根拠や手順についての最新の情報を専門家の手で分かりやすくまとめた指針である

このようなものです。 このガイドライン今では、医者の頭の中をはじめ病院のそこら中に転がっています。 どんな風に使われているかというと、

根拠に基づく医療(EBM)を通じて診断・治療方針を決定する際には最新の医学研究の成果を知っておく必要があるが、医療従事者が全ての疾患について常に最新の知見を身に付けておくことは容易ではない。定期的に更新される診療ガイドラインがあれば、医療従事者間あるいは医療従事者・患者間でその内容に沿って診療方針を検討することができる。EBMが効率化できるだけでなく、同じ情報を全員がいつでも共有できるために医療の透明化も期待される。 一般には手順書として強制力を持つことは無く、患者の病状や治療環境など諸事情を総合的に検討した結果、ガイドラインの推奨を外れた診療を行うことも珍しくない。

こんな感じで使われているということであたらずとも遠からずです。

このガイドラインについての小ネタです。

 

IMG_8417

 

Nate Silver氏 (@NateSilver538)のデータジャーナリズム “fivethirtyeight” のブログエントリーに 

“Patients Can Face Grave Risks When Doctors Stick to the Rules Too Much”

と題するものを見つけました。

「医者が余りに杓子定規に”rule”に固執するといろいろと良くないことが起こるかも」ということを述べたエントリーです。

医療現場では、”Rule-based decision-making” というものが世界で流通しています。 医療関係者だけでなくおそらく患者・将来の患者さんも、このようなRule-based decision-makingをもたらすrule-type guidelinesが存在することには同意しているにしても医療現場で特にある程度の裁量がまた有益になる場合がある事にも同意してと思います。 でも、

Doctors are highly trained, and there’s good reason to think they should use some discretion when treating patients.

こんなこともあるんじゃないかと。

このエントリーで取り上げられている研究があります。

“Proportion of US Adults Potentially Affected by the 2014 Hypertension Guideline”

米国で2005年から2010年にかけて行われた対象者1万6372人の調査データに基づいて米国の高血圧治療のガイドライン(JNS8, 米国高血圧合同委員会第8次報告)が今後の米国での高血圧治療に及ぼす影響を見積もったという研究です。 治療対象者の割合は、18-59歳の男女では20.3%から19.2%へ、60歳以上では68.9%から61.2%へと変化するという結果です。

このガイドラインJNS8のキモはここで確認できます。(参照

その結果の一部、60歳以上の成人のうち新基準で降圧薬の投与を受けている人の比率が以下の図 (論文のTable1のデータを抜粋したものです)

 

Oster feature infant mortality 21

 

60歳以上の成人でJNS7においても治療対象とはなっていなかったはずの140/90 mmHg以下の人たちのうちの48.3%(JNS7ガイドラインに忠実なら0%であったはず)が降圧薬の投与を受けていました。 一方150/90 mmHg以上の人でも58.9%(JNS7ガイドラインに忠実なら100%のはず)しか投薬を受けていませんでした。 面白いのはJNS8では治療の対象とならないがJNS7では対象となるswichterの人たちの降圧薬の投与比率が一番高く62.3%であったという調査結果です。

これって何なんでしょうか?、というお話です。

そもそも高血圧症ってどんなもので何のために治療が行われていて誰がその費用を負担すべきなのかというとても基本的な問題でさえ実世間では解決ができていない、のでというか医療ではそんな問題は多いのですが、ので医者が現場で「判断」しないといけないという局面がほとんどです。

このブログエントリー

Perhaps a first step is just recognizing the problem: A temptation with sharp cutoff rules like those for hypertension and infant treatment is to start thinking that being just to one side of the cutoff versus just to the other actually matters. By recognizing that it does not, we can begin to make better choices.

と結んでいます。

小林秀雄はこんなことをかいています(様々なる意匠)。

「自分の嗜好に従って人を評するのは容易な事だ」と、人は言う。然し、尺度に従って人を評する事も等しく苦もない業である。 常に生き生きとした嗜好を有し、常に溌剌たる尺度を持つという事だけが容易ではないのである。

結構好きなフレーズで人前で何か話すときに紹介する事もあります。

ここの「嗜好」を「裁量」と言い換えて「尺度」を「ガイドライン」と云い換えればさっきのブログエントリーの話になります。

 

IMG_8534 

 

★★★

暦本式英語スピーチ練習法

というブログエントリーを読みました。

英語でプレゼンテーションするとき原稿を作る場合と作らない場合があります。5分だけなら何とかなるかもしれませんが20分とかそれ以上の場合どうしても最低限はプロットを作って場合に基づいて「原稿」を作る必要が出てきます。 原稿を作ったとしてある程度に原稿を読んでもらえるとすればそれはすごく役に立つと思うのですが廻りに気軽に頼める人がいないという状況がほとんどだと思います。

こんな時にいままで次のようなやり方を採用してきました。 つまりMacを買うと「テキストエディット」というエディターが付いてきます。このエディターが英語をしゃべります。 「編集」のメニューから「スピーチ」-「読み上げを開始」を選ぶと英文ならそれを読み上げてくれます。 Macを使っている人なら直ぐに試してみることができますが結構役に立つと思うと思います。

暦本式はこれを音声ファイルとして出力する方法です。今まで知りませんでしたけどこれはいけそうです。

例えばanesthesiologistという単語があったとしてこれをちゃんと発音するのは少なくともぼくにはすごくむずかしいでもこれをanesthetistとすると発音しやすくなるというようなことがあります。聞いたりしゃべったりするとこんなことに気付きます。Macの上でいくら立派な原稿をつくっても(つくってもらっても)も「咬んでしまう」ような単語があると失敗につながります。

IMG_8528


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License