土曜日の朝から24時間の日当直でした。

午後遅くから夕ご飯まで働きましたがそれ以外は籠もってデータ整理と某解析に勤しんでいました。

某解析Macが一台別に必要ですね。

こうなるとMacはもっと高性能の奴があればいいなと思いますよね。


MARY HALVORSON OCTET

New York Timesで “BEST IN CULTURE 2016”特集を組んでいます。

The Best Movies of 2016,The Best Pop songs of 2016, に加えてThe Best Podcasts of 2016まであります。

 

The Best Albums of 2016で紹介されていたいくつかを聞いてみました。Apple Musicでほとんど聞くことができました。

BEYONCÉ “Lemonade”とDAVID BOWIE “Blackstar”が総じて高評価なのですがある評者は MARY HALVORSON OCTET の“Away With You”を一位に上げていました。

HALVORSON氏が率いる8重奏団-Jonathan Finlayson (trumpet), Jon Irabagon (alto saxophone), Ingrid Laubrock (tenor saxophone), Jacob Garchik (trombone), Mary Halvorson (guitar), Susan Alcorn (pedal steel guitar), John Hébert (bass), Ches Smith (drums)-のアルバムです。

例えばこれ

HALVORSON氏のインタビューも読めます。

 

The 10 Best Books of 2016ももちろんありますが The Best Book Covers of 2016 こんなものもありました。 よい趣味ですよね。

 

New York Timesで紹介されていた”“The Undoing Project”“を読んでいます。

著者はMichael Lewisで”Money Ball”とかを書いた人ですね。

副題に”A Friendship That Changed Our Minds”とあるように二人の心理学者Daniel Kahneman博士と故Amos Tversky博士の交流を描いた評伝です。

Daniel Kahneman博士は2002年のノーベル経済学賞を「行動経済学と実験経済学という新研究分野の開拓への貢献」を理由として受賞しました。

Amos Tversky博士は2002年の段階ですでに他界していましたので受賞者とはなりませんでした。

 

プロスペクト理論 ヒューリスティクスとバイアス と Peak-end rule に引っかけた優れた書評に触発されてKindle版で読んでいます。

 


DeNA関連の某出来事に関連したtweetsです。

論文を含めた出版物は,「査読」を受けているかどうかの観点からしたらまちまちです。

製薬会社が発行している「雑誌」に掲載されている雑文のような論文()は査読されていない場合がほとんどです。編集段階で誤字脱字くらいは訂正されている場合はあると思いますが。

そのような場合,信念()を持って様々な主張をここぞとばかり展開する人もいます。逆にそういう雑誌だから気軽に自分の意見を書けるという側面もあり一概にそれを否定はできません。ブログのエントリーもその延長線上にあると思います。

教科書()も同じです。医学的な実証を経ていなばかりか,物理・化学・生物学法則から考えて明らかに誤りである事が堂々と記載されている場合もあり,それを無批判に受け入れる研修医もいるのです。

 なので専門家の監修()を受けた情報といっても一概に信用はできません。また実際の医療は個別性が高いです。厚生労働省が責任を持って提供している情報でも勝手な判断で自分に当てはめるのは危険です。

 

は New England Journal Medicineに掲載された以下の論文の解説記事です。

記事は論文の掲載の翌日に出たのですが内容が優れています。 日本の新聞でこれを求めるのは現時点では無理だと思います。


三四郎

NHKで12月9日に放送された シリーズ 深読み読書会「夏目漱石“三四郎”〜108年目のプロポーズ〜」 を録画していたものを昨日観ました。

 

シリーズ深読み読書会では前回は“犬神家の一族”が取り上げられていたのですが今回もとても楽しい番組となっていました。

 

鈴木杏,猪瀬直樹,島田雅彦,朝吹真理子,小倉千加子の5人が「三四郎」を深読みするのです。 今回は,「三四郎」を美禰子さんの婚活小説として読むというのが一応のお題でした。

 

美禰子さんが結婚するのは誰がふさわしいかを出演者が語り合うという趣向です。

 

もちろん小説では三四郎はあっさり振られ美禰子さんはあっさりと金縁メガネの帝大法科卒の男しかもよし子さんに一旦は振られた男と結婚するのです。

 

完全振られる場面を青空文庫から引用します。

「拝借した金です。ながながありがとう。返そう返そうと思って、ついおそくなった」 美禰子はちょっと三四郎の顔を見たが、そのまま逆らわずに、紙包みを受け取った。しかし手に持ったなり、しまわずにながめている。三四郎もそれをながめている。言葉が少しのあいだ切れた。やがて、美禰子が言った。 「あなた、御不自由じゃなくって」 「いいえ、このあいだからそのつもりで国から取り寄せておいたのだから、どうか取ってください」 「そう。じゃいただいておきましょう」 女は紙包みを懐へ入れた。その手を吾妻コートから出した時、白いハンケチを持っていた。鼻のところへあてて、三四郎を見ている。ハンケチをかぐ様子でもある。やがて、その手を不意に延ばした。ハンケチが三四郎の顔の前へ来た。鋭い香かおりがぷんとする。 「ヘリオトロープ」と女が静かに言った。三四郎は思わず顔をあとへ引いた。ヘリオトロープの罎びん。四丁目の夕暮。迷羊ストレイ・シープ。迷羊ストレイ・シープ。空には高い日が明らかにかかる。 「結婚なさるそうですね」 美禰子は白いハンケチを袂たもとへ落とした。 「御存じなの」と言いながら、二重瞼ふたえまぶたを細目にして、男の顔を見た。三四郎を遠くに置いて、かえって遠くにいるのを気づかいすぎた目つきである。そのくせ眉まゆだけははっきりおちついている。三四郎の舌が上顎うわあごへひっついてしまった。 女はややしばらく三四郎をながめたのち、聞きかねるほどのため息をかすかにもらした。やがて細い手を濃い眉の上に加えて言った。 「我はわが愆とがを知る。わが罪は常にわが前にあり」 聞き取れないくらいな声であった。それを三四郎は明らかに聞き取った。三四郎と美禰子はかようにして別れた。下宿へ帰ったら母からの電報が来ていた。あけて見ると、いつ立つとある。

番組中劇で美禰子さんは高橋マリ子さんが演じていました。 朝吹真理子さんがあんなに長く話しているのを始めて観ました。

番組の最後に漱石が鈴木三重吉に宛てた有名な手紙が流れていました。

これも青空文庫から部分的に引用しておきます。

漱石が大学を辞めて小説家として立つという決意を伝えた手紙です。

只一つ君に教訓したき事がある。是は僕から教へてもらつて决して損のない事である。

僕は小供のうちから青年になる迄世の中は結構なものと思つてゐた。旨いものが食へると思つてゐた。綺麗な着物がきられると思つてゐた。詩的に生活が出來てうつくしい細君がもてゝ。うつくしい家庭が〔出〕來ると思つてゐた。 もし出來なければどうかして得たいと思つてゐた。換言すれば是等の反對を出來る丈避け樣としてゐた。然る所世の中に居るうちはどこをどう避けてもそんな所はない。世の中は自己の想像とは全く正反對の現象でうづまつてゐる。 そこで吾人の世に立つ所はキタナイ者でも、不愉快なものでも、イやなものでも一切避けぬ否進んで其内へ飛び込まなければ何にも出來ぬといふ事である。

君の趣味から云ふとオイラン憂ひ式でつまり。自分のウツクシイと思ふ事ばかりかいて、それで文學者だと澄まして居る樣になりはせぬかと思ふ。

現實世界は無論さうはゆかぬ。文學世界も亦さう許りではゆくまい。かの俳句連虚子でも四方太でも此點に於ては丸で別世界の人間である。あんなの許りが文學者ではつまらない。といふて普通の小説家はあの通りである。

僕は一面に於て俳諧的文學に出入すると同時に一面に於て死ぬか生きるか、命のやりとりをする樣な維新の志士の如き烈しい精神で文學をやつて見たい。それでないと何だか難をすてゝ易につき劇を厭ふて閑に走る所謂腰拔文學者の樣な氣がしてならん。

命のやりとりをする樣な維新の志士の如き烈しい精神で文學をやつて見たい。それでないと何だか難をすてゝ易につき劇を厭ふて閑に走る所謂腰拔文學者の樣な氣がしてならん。

って格好いいですよね。

同時に,「君の趣味から云ふとオイラン憂ひ式でつまり。自分のウツクシイと思ふ事ばかりかいて、それで文學者だと澄まして居る樣になりはせぬかと思ふ。」にたぶんなっている自分がちょっと恥ずかしいという気もしました。


枕草子

とりわけ,「枕草子」は素晴らしく,橋本治氏の桃尻語訳「枕草子」を乗り越えたといってもいいのではないでしょうか。


PDF
Tagged with:  

ほんと研究活動にはきりがありませんね。いくら論文書いても次から次へと出てきます。 普通の論文はいくら書いても一円にもなりませんしね。


NYT Magazineの特集

アメリカの新聞の日曜版はものすごい量です。 New York Timesも例外ではなくNYTにはNYT Magazineという別冊もついてきます。 長文の特集記事や、カラー写真などで構成されたルポルタージュなどが掲載されてこれだけでも読み通すのは英語がそう得意でない外国人にはしんどい一作業です。

5/12のNYT Magazineの特集は”THE HEALTH ISSUE  – THE NEW ANATOMY OF CANCER“でした。

  • Doctor without borders – THE IMPROVISATIONAL ONCOLOGIST

  • Lazarus Effect – LEARNING FROM THE LAZARUS EFFECT

  • Written on the body – THE CANCER ALMANAC

  • A boy’s cancer tale – WHEN DO YOU GIVE UP ON TREATING A CHILD WITH CANCER?

  • Starving the beast – AN OLD IDEA, REVIVED: STARVE CANCER TO DEATH

  • Standard of care – THE SISTERS WHO TREAT THE UNTREATABLE

の6つの記事で構成されています。

がんは様々な側面で多様な疾患であるという最近の考えに貫かれた特集です。

素晴らしいできで、全部が読み応え十分ですーといっても最後のものはこれだけ分量がすくないですけどー。NYTでWarburg effectが論じられるなんて胸熱ものです。

時間ない人は”LEARNING FROM THE LAZARUS EFFECT“と” THE NEW ANATOMY OF CANCER“は是非読んでみてください。

 

またこれ読んで興味を持った大学院生は、

The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer“は読んでいるとして次は、

The Death of Cancer: After Fifty Years on the Front Lines of Medicine, a Pioneering Oncologist Reveals Why the War on Cancer Is Winnable–and How We Can Get There“と

Cancer: Principles & Practice of Oncology: Primer of the Molecular Biology of Cancer“も是非読んでください。

物知りになれます。

医学生必読の”The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer“、 Kindle版なら550円ですよ、 たったの。

 

 

THE IMPROVISATIONAL ONCOLOGIST の著者Dr. MUKHERJEEの最新作”The GENE“もこれは読み応えがある一冊です。


PDF
Tagged with:  

ぜんぶ雪のせいだ

On 2014/2/8 土曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

雪が降るとの天気予報で昨晩の八時過ぎには結構な量の雪が本当に降っていて二時くらいに寝る前に外を見たらかなり積もっていたのですが朝起きると雨・みぞれになっていて積雪としては大した事がないというすこし「残念」なことになっていました。 それでも雪が積もって風が吹くと体感温度は低くなります。

朝から最寄り駅のスタバで仕事をしようと思っていたのですが書き込みをした原稿を大学の研究室に忘れて出たことが発覚。雪が降り出したら困ると思い慌てて出てきたのです。ぜんぶ雪のせいです。

今日から医師国家試験だということです。三日間の長丁場です。試験中には気晴らしというものは無いから大変だろうなと思います。そもそも長時間椅子に座っていること自体一苦労です。

 

カメラロール-1537

 


New York Timesに“A solution for bad teaching”というエッセーが掲載されていました。 著者はAdam Grantさんというペンシルベニア大学の心理学の先生です。”Give and Take: Why helping others drives our success”と題する著書を出版しています。

冒頭の一文は”It’t no secret that tenured professors cause problems in universities”。

つまりよい研究者がよい教師とは限らないという、よくある話から説き起こされます。 いくつかの研究では”the relationship between teaching and research is zero”という結果が出ているのだそうです。うなずける話ですですね。一部のスター研究者の醸し出す教育内容とは別物の「効果」はあると思いますけど。

それでこのエッセーはこの状態をどう解決していくかというお話です。

研究のみを行うポジションと教育のみを行うというポジションに分けてしまう。 しかし現実には第三の形態である研究も教育も行うポジションが存在するわけです。 このバランスをうまく取ることが最良のパレート効率性を得るために重要だというありきたりといえばありきたりの話ですが短いし一読の価値はあると思います。教育は真剣に取り組むとすごく労力を消費します。

前の職場では余り意識しなかったというか何も考えていなかったのですが今の職場では結構な加重です。

 

医学部とか医科大学では研究と教育に加えて臨床という業務が普通は加わります。全ての分野でよい教師であることは不可能、と思っています。

医科大学は第一義的には職業訓練校です。基本的な知識を授けて学生はその習得度を評価されます。その成果が最終的には医師国家試験で試されます。

実をいうと今年までぼくはよく知らなかったのですが学生でも国家試験予備校の授業を受講したりするのだそうです。 であればあらかじめそのような授業のビデオを大学での講義で使ってはいけないのでしょうか? そうでなくとも各学会などが内容、出演者などを決めてビデオを作成してそれを通常の講義で利用する。 ぼくは人前で上手に話す能力が極端に低いので上手に話すことのできる人に講義をしてもらうととても助かります。専門医を取ったくらいの見た目のよい上手に話すことのできる先生方を「講師」として投入すれば学生も喜ぶのではないかと結構本気で考えています。何とかなりませんかね。

職場は医科大学でーぼくは教職の免許はもっていませんが学校の教員です-1月の末から3回生の学生さんが5週間の予定で麻酔科学講座で研修をしています。5週間(プログラムによっては三週間)、基礎講座を含む各講座に学生さんが配属されてその教室の「日常に浸る」ことで何かを感得して頂くという趣旨だと理解しています。なので臨床実習の「先取り」をするということが趣旨としては目的ではありません。 実習ですので最終的にはレポートで成果を報告する必要があります。 この活動は今のぼく-来年度であれば問題は解決していると思います-にとっては結構な負担なのですが一方すごくよいチャンスだと思っています。

とにかく彼らとよく話します。

「某」幹細胞の話をしていてクローン人間の話題になったときにKazuo Ishiguroの小説”Never let me go”を読んだ事があるかと尋ねると「ない」ということで急遽 映画”Never let me go”を観ることになりました。 ぼくも久しぶりに観たのですが気合いを入れて観るといろんな気づきがありました。 その後解説をして議論を小一時間行いました。 (こういった活動をレポートにしてそれで受け入れてもらうと助かるのですがこれは無理かやっぱり)

お昼も大学の食堂で一緒に摂ることもあって、今まで知らなかった職場のいろんなことを学生が教えてくれます。ぼくにとってはこれは新鮮で今回の大きな収穫です。

 

さっきのNYTのエッセーによれば、米国では寛大な先生の評価は低いのだそうです。どんどん学生に負荷をかけていく先生の方が学生による評価は高い。要するにこんな先生!?

 

ところで、医者を目指す学生にはクローニンとは云わなくとも「罪と罰」とかくらいは読んでおいてもらいたいとは思います。

今の学生は医者になるという目的意識が明確なのでそれでいいのかもしれないなとは思うときはあります。 ぼくはまったくそのような意識が欠落したまま医学部に入ったので在学中にそのような意識を涵養するということが一つの課題だったのです。


昨日の夜始めて知ったのですが世の中では「ゴーストライター」が話題になっているのだそうです。 いくつかのブログエントリーを読みましたがどうもピンと来ません。理由を考えると要するにぼくは問題となっている「音楽」を聴いたことがない音楽に何ら造詣が高くないのです。 どうにも判断しようがありません。

少なくとも自分の専門分野であればそのまんま騙されてしまうということは少ないかも知れません。 専門分野であれば何らかの評価を下すし、その範囲で全体の胡散臭さとかも何となく感じてしまいます。もっと正確におかしな点をピンポイントで指摘できるときもあります。とにかくどの雑誌の載ったとかどこの研究室から出た研究だとかにあまり惑わされずに研究を咀嚼できると思います。これは 基礎研究の分野でも臨床医学の分野でも同じです。あれだけ明確なのに、何で皆がその胡散臭さに気付かないのかがぼくにとって不思議だと思う場合もあります。誰とかどれとかは云わんけど。

小林秀雄に「骨董」「真贋」という文章があります。 こんなときにいつも思い出します。

以前に少し書いたことがあります。(参照1, 参照2)

 


New Yorkerに載っていたこれ 読んだら背筋が凍りますぜ。

ANNALS OF SCIENCE / A VALUABLE REPUTATION


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License