関西5医科大学 研究医養成コースコンソーシアム合宿

土曜日と日曜日(2019/9/14-9/15)に、関西5医科大学 研究医養成コースコンソーシアム合宿に参加しました。

この試みは今回で7回目です。 ぼくは多分5回目の参加だったと思います。

学生 40人教員 21人に運営の裏方としての職員 5人が今回の参加者です。

 

毎年参加者の議論が促されるような工夫が加わって得るものが大きな会になってきていると思います。

ポスター発表では、研究の量と質が毎年向上しています。

内容も向上しているのですが特筆すべきはプレゼンテーションと質疑応答への対応です。

特に質疑応答への対応は素晴らしくぼくの結構ツッコんだいわゆる意地悪な質問にも想定内とそれ以外の応答が得られてこうなると学会、研究会で職業研究者とやり取りしているのと何ら変わりもなくついつい本気で議論をしてしまうという経験も今年はしました。

となると少しdataが足されて研究結果が公刊できれば現在の日本の医学研究系の博士号のレベルを考えれば大学院を経なくとも博士号を授与してもよいのではないかという「でき」の学生さんもいました。 実際学生時代の研究経験を研究歴に参入すれば論文博士とすることは規則上も可能な場合もあると思います。

 

研究をする医者を養成するプログラムはほとんど全ての大学で提供されていますが内容は様々です。

今回の参加5大学でもかなりの幅があります。

兵庫医大は研究コースを選択すると通常の講義への出席が免除され進級の認定は試験の合否で決まる様になるのだそうです。全ての講義はビデオ化されて希望に応じていつでも視聴できるようです。ここまで譲歩しているのにプログラムへの参加者がすくないと制度の責任者の鈴木先生はぼやいていました。今年度卒業生が出て国家試験で遜色無い結果が得られれば参加者は増えるかも知れません。

ぼくの勤務先の関西医科大学では、3回生からは研究室で研究に携わる場合一定の時間に限って授業への出席が免除される制度があります。また、2回生からは一定の基準を満たすとresearch assistantとして給料(まさに給料でぼくらと同じ給与明細が発行されますが支給されます。時給は学生の研究レベルによって三段階で最高ランクでは1800円位で40時間まで認められます。研究活動していると月に8間円近くの給料がもらえるのですから良い制度です。

生命科学・医学研究は医学部の専売特許ではありません。理学部、工学部、農学部でも行われています。生命科学研究科という大学院を設置している大学もたくさんあります。

しかしトータルで6年という少し遠回りをしてでも医学を修めるということには卒後基礎研究だけをするとしても大きな価値があるとぼくは思っています。医学には医学特有の考え方がありそれを習得するとその後の研究にプラスになります。これは医学に役立つ研究をするようになるというような意味合いとはすこし異なります。全国にいるだろうこのようなコースを選択している学生はなので焦らず進んでいって欲しいと思います。

 

場所は毎年-そして来年も-大阪南港の研修施設です(因みにぼくは毎年三回ここで宿泊を伴う行事に参加しています)

10年目は派手にやると学長は話していたのですが…


PDF
Tagged with:  

大学院リトリート

金曜日に職場の大学院リトリートに参加しました。 職場では比較的に新しく始まった制度で今年で四回目です。

いろんな工夫がされて初回から比較すると格段に実のある会となってきたと思います。

三学年目の学生は中間発表を行います。これまでの研究結果をポスターでプレゼンテーションして教員の評価、コメントをもらうのです。

このポスター発表がが充実してきました。

今回は参加者は教員と学生で120名ほどの参加者があったようです。

希望をいうとたまにはリゾート的な場所で開いてもらいたいなと。

南港の研修施設で行なっています。毎回同じ食事でちょっと飽きてきました。

因みに毎年三回職場の行事でここを訪れます。今年の場合、次回は9/14-9/15でその次は10/11-10/12です。

 


第三回バイオストレス研究会

土曜日に北野病院でバイオストレス研究会が開かれました。

今年で三回目。 今回は、北野病院研究所と共催という形をとりました。

学術講演に加えて今年は「笑いと健康について」の特別公演を企画しました。

天理大学の副学長の東馬場先生の「陽気ぐらし」と大阪大学名誉教授奥西俊介先生の「ヒトが笑うときー笑いの文化論」に加えて京大の胸部研の名誉教授の人見滋樹にも登壇いただきました。

 

来年もする事にはなっているのですが誰にお任せするかが決まっていません。

 北野病院は正式には田附興風会医学研究所北野病院といって研究所です。

実際に病院内に研究室が存在します。医者は研究所の研究員を兼ねているので奨学金の免除職でした。

ぼくも北野病院のOBですがぼくが在籍した2004年の頃も研究室は稼働していました。

ぼくは麻酔とか当直をしながら大学院生4人を加えた5人の研究チームで研究費を獲得して基礎研究をしていました。

現在も研究室は稼働していて今回の研究会の学術講演ではその研究成果も報告されていました。

Up-regulation of FOXO1 and reduced inflammation by β-hydroxybutyric acid are essential diet restriction benefits against liver injury PNAS 

 

北野カデットという制度があります。

本事業は、公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院(以下「北野病院」という。)における医学分野での新たな人材養成への取り組みとして、医学研究の進展を図ることにより、社会の発展に寄与することを目的に、研究意欲旺盛な若手研究者のうちから支援対象者(以下「北野カデット」という。)を選定し、臨床と研究の場を提供するとともに、次世代の医学を担う優れた医学研究者の育成に努め、これに必要な支援を行う人材育成制度として実施するものです

北野病院で研究をする若手を医者として雇用して毎年200万円の援助を行い研究してもらうという制度です。

北野病院は研究所で学振の科研費などへの申請も可能なのですがスタートを支援してくれるという訳です。

4月に5人ほどの先生がこの制度で採用されたと研究所長から伺いました。

いい時代になりましたね。


PDF

 

9/26の夕方GLSさんに職場で話してもらいます。

研究成果については皆さん十分聴いていると思いますので今回は、研究周辺の話題を話してもらおうとお願いしてあります。

皆さんにとって、印象深くて記憶に残るセミナーとなるとよいと思っています。

講義室を押さえてありますので100人以上の参加者がいても大丈夫ですがさてそんなに集まるかな。

 

以前なんかの折に来日した時に京大の研究室に来てもらった事がありましたが今の職場に来てもらうのは初めてです。

彼のlabに在籍した日本人の先生方も集まってくれるのでreunionになります。

これでぼくも思い残すことは無くなってきました。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License