「仮病の見抜き方」

On 2019/7/5 金曜日, in book, books, by bodyhacker

Apple WatchにSuicaを入れて使っています。

財布はもちろんiPhone出すのも面倒です。

どこでも使えるようになってきてもうこれでいいのではと思っています。


無給医

無給医問題があります。

ぼくは25年くらい前大学院に入る少し前、当時の教室の教授とこの問題について激論して一度破門になったことがあります。

その後また戻してもらってある時に、「あの時は俺が間違っていた」、と謝っていただきました。

嫌なら無給で働かなければいいのだというのがぼくの答えです。


仮病の見抜き方

影響を受けやすいタイプです。

をみて早速本を読んでみました。紀伊國屋にはなくてAmazonで注文をしました。

10のエピソードのうち5つくらいはぼくにも判りました。 多分AIにも分かったと思います。

 

「Episode6」についてちょっと書いてみようと思います。

以前こんな症例報告をしたことがあります。

Ectopic ACTH syndrome revealed as severe hypokalemia and persistent hypertension during the perioperative period: a case report.

 

ある年の4月、新研修医と一緒に麻酔をするのが嫌だったので自分一人で麻酔を担当することにしました。当時手術室の症例はぼくがあてていました。

入室時血圧が少し高いと思いましたが「別に」という感じで硬膜外チューブを留置して麻酔をはじめました。

縦隔の再発腫瘍切除でしたが、血圧の管理に結構苦労しました。

硬膜外麻酔がうまくいっていない感じでぼくにも「焼きがまわったな」と思いながら麻酔をしてました。

抜管してガス分析をすると、K+=1.6 mmol/lだったので焦りました。2回くらい測り直しました。

pH 7.549でHCO3-も46.9 mmol/lだったのですがこの時は低カリウム血症以外は考慮の外でした。

Kの補正を開始して担当医と相談の上、病棟に移動としました。

心電図以上やその他の症状はありませんでした。

ちなみに硬膜外はよく効いていました。

 

病棟で色々と話を聞くと甘草を服用していることが判り「なんだ」ということに一旦はなりました。因みにこれって国家試験レベルのネタです。

 

ここで内分泌の医者ーぼくの同級生のT村くんーが登場して検査の結果ACTHがすごく高い事が判りました。6年前の腫瘍がACTH産生腫瘍に形質を変えていたのですね。手術侵襲が加わって急速に症状が出てきたと考察しました。

その後、ICUに入ったりとか精神状態が変動したりとかこの病気で起こりうるほぼ全ての症状が出現して最後はカリニ肺炎も起こりました。

やっぱりこれは症例報告だろうと研究室で当時院生だったK本くんに話したらまだ英語で症例報告をした事がないという事で書いてもらいました。

と言う訳でちゃんと医者らしいこともしています。

因みに症例報告も出来が良いと結構頻回に引用されます。でも自分で良いと思っている報告がたくさん引用される訳ではありません。

この報告も英語は良いなどと査読コメントに書かれたような気がします。そんなのわかってるって、言われなくとも。

 

「Episode6」的な「落ち」もある非常に優れた症例報告だと自負しています。一種の「名作」です。

「Episode9」も判りました。なぜかというと今、某ホルモンの研究をしているから。

この本のepisodeは無いようで結構有る症例を集めてあるのだと思います。

 

値段も医学書と思えば安いです。

時間がなくとも一つのepisodeだけなら短時間で読みきれます。

仮病の見抜きかた

 

ところでぼくの上半期のベスト本

 

 新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

ありがとうを言えなくて 

ぼくは家内より一秒でも長生きしようと思っています。


PDF

間が空きましたけど元気です。

大丈夫だろうと軽く考えて仕事をたくさん引き受けすぎて頚が廻らなくなっていました。 けっして雑用という類いの仕事でなく研究に関わる仕事です。


いくつかお知らせがあります。


AJACAa河内を開催します

 

AJACAa河内を2019年7月25日に関西医科大学で開きます。 DBCLSとぼくの部門の共催の形です。

詳しくは以下からどうぞ。

無料ですけど参加申し込みが必要です。

AJACSa河内


雑誌のguest editorの件

 

雑誌からの依頼でguest editorを引き受けました。

AntioxidantsBiomedicinesという雑誌です。

Antioxidantsは淀井淳司先生とco-editします。

投稿を受け付けています。原著、総説の両方を募集しています。

興味のある方は以下のリンクからご確認ください。

それぞれのtopicsは Antioxidants: “Thioredoxin Family Proteins”

Biomedicines: “Hypoxia-Inducible Factors: Regulation and Therapeutic Potential”

二つの雑誌ともpubmedに収載されています。 scopusにおける書誌情報も以下からご覧頂けます。

Antioxidants:scopus

Biomedicines:scopus

 


第72回酸化ストレス学会

 

札幌市で開催された酸化ストレス学会に参加しました。 今回で第72回という伝統のある学会です。

IMG 3143

ぼくはthioredoxinの研究をきっかけに研究者になったのでこの分野には親和性はありました。

 

二日間すごく真面目に講演やポスターをみたりして結構タメになりました。

エラい先生方に日頃考えていた素朴な疑問を質問できたし結構満足です。 

なんでここに先生が!?」という感じで、多くの先生方とreunionとのre-uinonもできました。

30歳以下の参加者では圧倒的に女子比率が高いと感じました。

優秀ポスターの受賞者も男:女は3:4くらいでした。

IMG 3166

来年は米子です。

参加しようかなと。


PDF
Tagged with:  

「宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃」

京都大学の望月新一先生といえばABC予想を証明した人としてニュースになりましたがぼくはその内容を理解しようとは思っていませんでした。多分理解できないだろうと考えていたからです。

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃はちょっと話題になっていたので、本屋で見かけて立ち読みをしてみました。何とかなりそうな気もしたので買って挑戦することにしました。

 

「宇宙と宇宙をつなぐ数学」です。まず「宇宙」って何だよと思います。「宇宙」とは「宇宙際タイヒミューラー理論」の「宇宙」の事なのです。最後まで読むと「宇宙」という意味が何となる解ります。

 

目次は以下の通りです。

  • 第1章 IUTショック
  • 第2章 数学者の仕事
  • 第3章 宇宙際幾何学者
  • 第4章 たし算とかけ算
  • 第5章 パズルのピース
  • 第6章 対称性通信
  • 第7章 「行為」の計算
  • 第8章 伝達・復元・ひずみ

第一章の前に、望月氏による「刊行によせて」という文章がついています。

この「刊行によせて」ははじめ読んでも全く意味が理解できませんでした。普通には悪文だと思いました。

しかしこの本を最後まで読んだ後に読み返してみると理解できるのでした。つまりこの本はこの「刊行によせて」を解題する内容となっているのだということが理解できます。

 

この本は、IUT理論つまり宇宙際タイヒミューラー理論, Inter-universal Teichmüller theoryの解説書という体裁をとっています。 第1章と第2章が一種のイントロダクションです。用語の解説の他に数学者の生態などがエピソードとして挿入されていきます。 第3章からがIUT理論の解説となっています。

美味い比喩を駆使して取りあえず最後まで連れていってくれます。

数学の予備知識は高校を卒業した位の人には必要はないと思いますが途中すこし難しい所があります。我慢して読み進めてください。

途中登場する、「ABC予想が正しいとするとフェルマーの定理が解けるとする説明」のその筋道が簡潔でしかもぼくでも理解できたのでびっくりしました。

最後までたどりついてちょっと感動しました。自分の専門領域の論文と小説を読んで得られる感動とは少し異質です。

 

著者の加藤氏と望月氏は二人の勉強会の後百万遍の焼肉屋でお疲れ会を毎回開いたそうです-その時期ぼくは京都のあの界隈にいましたがパッとその焼肉屋が思いつきません-。

しかし、百万遍の北東に広がる地区には15年くらい暮らしましたが学問をするのに世界で最も適した地域だと今でも思っています。

 

MATH POWER とうイベントがありMATH POWER2017での講演がきっかけでできた本のようです。

講演の様子は 【MathPower2017】 07_講演「ABC予想と新しい数学」 で視聴することができます。

 

ポアンカレ予想グリゴリー・ペレルマンによって証明されたと考えられているようです。

  • arXivにupされた以下の3つのpreprintでポアンカレ予想が証明されたとのことです。 The entropy formula for the Ricci flow and its geometric applications
  • Ricci flow with surgery on three-manifolds
  • Finite extinction time for the solutions to the Ricci flow on certain three-manifolds

surgery on three-manifoldsってやっぱり独特のタイトルですよね。

 

とにかく学問をこのように進める事ができる特権的な能力を持って生まれた人は幸せだと思います。

 

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License